ホームページ制作 大阪

アンがよくわかるフォトサイト

お問い合わせ,電話番号

スマートフォンサイト制作デザイン・プログラミング

スマホ中心スマホ中心

レスポンシブデザインレスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは?
1つのWebサイトで、ユーザーのデバイス(PC・タブレット・モバイル)に関係なく、画面サイズに応じて最適な表示で配信することができます。複数のWebサイトを持たずにスマートフォンユーザーにもPCユーザーにも同様の情報を快適な表示で提供することができる優れた手法です。
もっと詳しく
  

スマートフォンサイト制作をお考えの方へ

なぜスマートフォンサイトが必要なのでしょうか?
スマートフォン利用者比率が増加し、多くのWebサイトでスマートフォンユーザーが60%以上を超えるようになりました。(下記グラフ参照)
つまり、スマートフォンで検索し、スマートフォンでWebサイトを見るのが当たり前になったということです。そのため、企業のホームページやオンラインショップでスマートフォン対応が必要となります。そうすることで、ユーザーが快適にWebサイトを見ることができ、欲しい情報を届けやすくなります。
60%以上がスマホユーザー!
業種やサービス内容によって差はありますが、スマートフォンでWebサイトにアクセスする割合は年々高くなっています。
弊社が運営にかかわるWebサイトのデータをご紹介します。

閲覧割合閲覧割合

  

スマートフォンに対応していないと・・・

大切なお客様を逃してしまう可能性があります
スマートフォンに対応していないWebサイトをスマートフォンで見ると、PCサイトが表示されます。
スマートフォンの小さいモニター画面にPC用のWebサイトが表示されるため、文字は小さく、レイアウトも窮屈で、快適に閲覧することができません。

スマホ対応スマホ対応

字が小さくて見づらい
字が小さく、またレイアウトも窮屈なので見にくいです。
指で広げながら読むこともできますが、印象の悪さは避けられません。
特に他社がスマートフォン対応した見やすいページを提供している場合は「見にくいホームページ」と思われてしまうでしょう。
大切なお客様を逃してしまう
これでは、せっかく訪問してくれたエンドユーザーを簡単に逃してしまう可能性があります。
Webサイトの訪問者にこちらが望むアクションを取ってもらうために、戦略的にスマートフォンに対応して、お問い合わせや注文などのコンバージョンに結びつけてください。

スマートフォン対応が検索順位に影響します

Googleが推奨する基準への対応が必要
2016年にGoogleが発表したMFI(モバイルファーストインデックス)をご存知でしょうか?
これからはGoogleが、モバイルサイト(スマートフォンサイト)を評価して検索順位を決定するようになります。
多くのユーザーがモバイル端末(スマートフォン)で検索するようになったにも関わらず、PCサイトを評価して検索順位を決めています。
この矛盾を解消し、ユーザーに最適な検索結果を提供するためにモバイルファーストインデックスが導入されようとしています。
Googleが推奨するのはレスポンシブデザインです。2018年には本格的に検索アルゴリズムが変わると言われていますので、早急な対応が必要です。

Googleウェブマスター向け公式ブログ
https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

最新のレスポンシブデザインをおすすめします

全てのデバイスで快適に閲覧できます
レスポンシブデザインで制作すると、1つのWebサイトで、ユーザーの全てのデバイス(PC・タブレット・モバイル)に対応することができます。
異なる画面サイズに対しても的確にレイアウト・フォントサイズ・画像をコントロールし、最適に表示することができます。
1つのWebサイトですから、一度更新すれば全デバイスの表示に反映されますので効率的です。
このような利点から、アンではレスポンシブデザインをメインとしたご提案をしております。
※但し、諸条件によってはスマートフォンサイトを別サイトとして制作するケースもあります。その場合もモバイルファーストインデックスに沿った方針で制作いたします。

どのデバイスでも快適に

事前のヒヤリングと打ち合わせを重視する

スマートフォンサイト制作の流れFlow
弊社では事前のヒヤリングや打ち合わせを重視しております。
制作をご依頼いただく前に、スマートフォンサイトの必要性やWeb戦略上の役割などをご説明しますので、ご理解いただいた上でのご判断をお願いいたします。 相互理解の上に実行するWeb制作が良い結果につながると確信しております。

制作の流れ制作の流れ

まずはお気軽にお問い合わせください
お問い合わせお問い合わせ
「ホームページを見た」と言っていただくと、スムーズにお話を進めていただくことができます。

無料個別相談のご案内Consulting

採用情報
採用サイト制作パートナー

大阪ウェブスクール